家賃収入を確保するために | 購入後の空室対策も考えよう|不動産投資を始めるときの心得

購入後の空室対策も考えよう|不動産投資を始めるときの心得

不動産

家賃収入を確保するために

貸主が悩む空室リスク

不動産

賃貸経営を行なう時に考えるのが、得られる利益と経営上のリスクでしょう。特に賃貸経営を行なう際に意識してしまうのが、入居者の家賃滞納による収入減です。そこで役立つのが、家賃保証という制度です。この制度を利用すると、家賃滞納による家賃減に歯止めをかけることが可能なのです。家賃保証とは、借主(不動産の入居者)との契約・更新や、家賃回収等の業務を、貸主(不動産のオーナー)に代わって、管理会社が行う制度です。貸主側のメリットは、大きく2点あります。1点目は、面倒な借主対応を、管理会社に一括して任せられることです。賃貸経営が初めての貸主にとっては、不慣れな借主対応をカバーしてもらえるので安心です。2点目は、万が一借主から家賃が支払われない事態が起こっても、管理会社より家賃を支払ってもらえることです。もっと言えば、当該不動産が空室であっても家賃収入は確保されます。これが「家賃保証」と呼ばれる所以です。

貸主のリスクをカバー

賃貸経営の難敵である家賃滞納や空室を気にしなくて良いのは、家賃保証制度の大きなメリットでしょう。ここまで聞くと、家賃保証は貸主側にばかりメリットがあるように思えますが、実は借主にとってもメリットがあります。通常、賃貸契約の際に連帯保証人を立てる必要がありますが、この制度を利用すると管理会社が保証人に代わるので、個人で保証人を立てる必要がなくなります。様々な事情から連帯保証人が立てられない時、とても助かりますね。このように、家賃保証は貸主・借主双方にメリットがある制度といえるでしょう。